.

 FNP動物病院  
               エフ エヌ ピ−   ど う   ぶ つ    びょう   い ん              

FNP動物病院です
 一部追加  2013.9.20 UP


 

          


 病 院 連 絡 メ モ


台湾で野生動物に狂犬病が
発生しました!

フィラリア予防・狂犬病予防
 実施中です !!  

熱中症に注意を!!

SFTS(重症熱性血小板
   減少症候群)に注意を!!

   9月 診療案内

10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30




      赤字・桃字: 休診日
       黒字・青字:  診療日




【休診時の急患等の
  診察・対応について】

留守番電話にご用件をお話(録音)ください。
当方が診察可能でしたら、
折り返し連絡いたします。
なお、休日(時間外)料金が
診療料金に加算となります。
ご了承下さいますよう
お願い申し上げます。
   〈FNP動物病院〉
TEL 084-956-3244


スタッフ募集中←クリック




9月のアドバイス

 フィラリア症予防の
    季節です。
今年も「」の発生する時期になり、フィラリア症予防の季節となりました。
フィラリア症とは、素麺(ソーメン状)=12〜33p位=の寄生虫が犬の心臓の右心室や肺動脈に寄生し、様々な病気を引き起こす犬にとっては大変怖い病気です。
この感染には「蚊」が必ず関与します。
月に一度、きちんと予防薬を投薬することで、「蚊」に刺されてもほぼ100%感染を阻止することができます。
この地区(備後)では、5月下旬から、11月下旬まで投薬予防してください。
犬だけではなく猫やフェレットへの寄生も意外に多いことが報告されています。

 狂犬病予防注射実施中
正規の行政狂注会場または
動物病院予防注射済票
の交付を受けてください。
注射証明書だけを持っていても手続きは完了していません。
済票を受け取って犬の首輪に付けてください。

@梅雨時から食中毒が多発
  します。
 朝食の食べ残しの処置を充分
 してください。
 乾燥したフ−ドも湿気をおびる
 とカビが発生しやすくなります。

A散歩中、愛犬が草と接触
  すると、ダニが寄生する時期
  です。
  犬の血球の中に寄生し貧血
  を起すバベシア症予防のた
  めにもノミ・ダニ予防駆除を
  されるよう、おすすめします。

 SFTS(重症熱性血小板減
  少症候群):人へのマダニ
  による感染症が報道されてい
  ます。
  ご家庭で人が感染しないよ
  う、家庭動物(散歩する犬、
  外出する猫)のダニ予防対策
  を徹底してくだい。

 熱中症対策:散歩は、朝
  夕の暑くない時刻に行くよう
  にしましょう。
  外飼犬は、日陰で風通しの
  良い場所に新鮮な水をたっ
  ぷり用意して飼ってください。

B避妊・去勢手術を考慮中
  の方は、ご相談下さい。

C毛の手入れを! 
  ブラッシングは死毛を除去
  するだけでなく、皮膚を刺激
  することにより、皮膚の新陳代
  謝を高めることになり、皮膚
  病対策・毛球症予防にもな
  ります。
  ブラッシングは、猫やウサギに
  も行って下さい。
  シャンプ−は日中の暖かいう
  ちに短時間に行い、十分にド
  ライヤ−で乾燥させ、風邪を
  ひかせないようにしてください。

D伝染病予防注射が未接種の
 犬・猫・フェレットには、
 伝染病予防ワクチン
  注射しましょう。



おすすめ致します。

@ 伝染病予防ワクチン接種
A 狂犬病予防ワクチン接種
B  フィラリア予防
C ノミ・ダニ予防
D 避妊・去勢手術
E  総合健診

ご利用・ご相談 下さい・・・




募 集 中 

2013年(H.25年)度
2014年(H.26年)度
獣医師
トリマ−
動物看護士


獣医師   
   男女問わず
   経験問わず

♦ トリマ-さん  
  正職員
     アルバイト=随時受付
   パ−ト  =随時受付
     ショ−ト(自由時間勤務)
                   =随時受付
動物看護士さん 
       正職員 :2013年度募集
         は終了しました。
   アルバイト =随時受付
   パ−ト   =随時受付


仕事内容・勤務時間・ご希望等
電話でお問い合わせ下さい。
心よりお待ちしています。

    п@084-956-3244
    担当 林内(はやしうち)

FNP動物病院 エフエヌピ−どうぶつびょういん     

〒720-0832
広島県福山市水呑町4394 http://www.qlife.jp/pet/hospital                 
п@084(956)3244
                                
院長 林内 繁幸                          
       はやしうち  しげゆき
                                                                                         


動物と暮らす幸せいつまでも・・・   

   機能的で、暖かみのある診療を心がけています。

FNP動物病院は、人と動物(家庭動物や野生動物)とのより良い関係・共存について考え・行動している動物病院です。

アットホ−ムな雰囲気でスタッフ一同、地域のみなさまのより充実した
ペットライフのお役にたてるよう、取り組んでいます。

あなたの大切な 物言えない『 家族の一員 』が健やかに、
皆様と共に生活がおくれるよう、お手伝いをさせていただきます。
どうぞご利用くださいませ。


診療案内



診療科目

           一般診療
           手 術
           健康診断  
           予防注射
           入 院
           往 診


診療対象動物
          犬・猫・小鳥・ペットうさぎ・フェレット・ハムスタ-・・・)


診療時間                            


 9:00〜13:00
16:00〜19:00
          毎週木曜日は休診します。
           但し、祝日のある週の木曜日
          診察します。
          毎月更新の診療案内カレンダ−を
           ご確認願います。
往診時間

       13:00〜16:00
        (依頼者と時間の打ち合わせをします)





 

休 診 日  
        日曜日・祝祭日
         木曜日:但し、祝日のある週の木曜日
             診察します。

時間外・休日診療急患時
        学会・講習会出席、会合、私用 等で不在の
           場合がありますので、留守番電話にてお問い
                     合わせ下さい。
            こちらからの電話確認後の対応となります。
           時間外・休日料金が加算になります。

          平日・診療時間内に、お早めの治療・診察
                     をおすすめします。

                 


                  広島夜間救急動物病院
           平成22年12月12日に開院しました。
              診療時間  午後9時〜午前2時
              年中無休  要電話予約
              広島市東区温品2-8-40 大崎ビル
              п@082-508-6850
           診療時間外での診療となるため、
           通常料金の3倍くらいかかります。
           当院と連絡が着かない場合の
          夜間救急動物病院としてご利用ください。

                       広島夜間救急動物病院ホームペ−ジ
                   g.A?i:e:a更新></=a.length},za=function(a,b)
{r

       

                          当院地図
http://www.qlife.jp/pet/hospital
 detail_9008638_1




 ar y=window.gbar.logger._aem(a,c);u(y)}}catch(W){}}var ya=function(a){return 2E3=a?a=T.g&"c?M  
サ−ビスのご案内

       ペツト相談(飼育・しつけ・健康・高齢問題・カウンセリング・・・)


       ペットホテル(お預かり)           ∗ペットホテル


       トリミング・シャンプ−・爪きり        ∗トリミング





       処方食・サプリメントの販売および使用管理・相談
                                                           誤った与え方や使用法により、
                              健康被害が生じる場合があります。
                              定期的な見直し等、
                              専門的な健康管理・使用管理が
                              必要です。



       動物医療保険対応             ∗ペット保険


       院内ノンステップ・バリアフリ−


   










   

重症熱性血小板減少症候群に関するQ&A

 

台湾で狂犬病の野生動物が確認されました(更新1)

■ 台湾で狂犬病の感染拡大、予防接種に行列 ■
 台湾の衛生当局は31日、トガリネズミの狂犬病感染を初めて確認と発表した。
 狂犬病が種を超えて広まっている懸念が高まっており、同国各地の予防接種施設では、
 ペットを連れた多くの人々が列をなしている。

 台湾では先月17日、1959年以降で初めてとなるイタチアナグマへの狂犬病感染例が確認された。
  イタチアナグマへの感染はそれ以降、少なくとも18件確認されており、保健当局は感染拡大阻止に
  努めてきた。
  だが、感染がトガリネズミにも広がったことにより、今後、ペットにも感染し、ヒト感染へのリスクを
  大きく高めるとの懸念が広がっている。
 (2013/7/31 AFPBB news)
 http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2959192/11105580